toggle
2019-06-20

わたしのアイドル論

ハロー!プロジェクトというアイドル集団があります。
分かりやすくいうと、モーニング娘。など、元々はつんく♂さんのプロデュースしたアイドルたちのことです。(今はつんく♂さんプロデュースではなくなってしまいました)

わたしが最近ハロプロに興味を持ったのは、「Help me!!」という楽曲の小田さくらちゃんのソロパートを聞いてからでした。
とても伸びやかな歌声で、心地よかったのです。
それと佐藤優樹ちゃんのビジュアルにも興味をそそられました。(もちろんそのあとキャラクターにも釘付けです)

それから、YouTubeで彼女たちの動画をたくさん観ました。
当時のメンバーたちだけではなくて、卒業したメンバーの魅力にもその時気づきました。
これはきっと、王道のハロプロを辿る道だと思うのだけど、まんまとわたしもやられました。

現メンバーに興味を持つ→動画を見漁る→過去のMVやコンサートの動画を見るとどうしても気づいてしまう高橋愛ちゃんのすごさ→プラチナ期って何!かっこいい!→そのプラチナ期に憧れて入ってきた後輩の子たちのリスペクトたっぷりのパフォーマンスとソロパート継承のロマン→ハロ!ステやハロコンでのシャッフルユニットなどで気づくモーニング娘。以外のグループの魅力

こんな感じで、ハロー!プロジェクトに所属する全てのアイドルに夢中になったのです。

そして、それからわたしは鞘師里保ちゃんの、パフォーマンスからは全く想像出来ない日常のポンコツさ(「なんだこのフワフワは!」と育てていたミントに現れたという白い綿状のカビをブログにアップしてしまうなど)にとてもとても惹かれていきました。
いわゆるわたしの”推し”は鞘師でした。りほりほでした。
パフォーマンスではとってもかっこいいのに、舞台裏やDVDマガジンの様子がとっても可愛くって面白くて大好きでした。

そんな鞘師が2015年に卒業し、(この卒業は唐突で納得できませんでした。しばらくりほロスになります)推しメンは一人に絞らず、一番新しいBEYOOOOONDSに至るまで満遍なく応援しています。(研修生は話題になったメンバーをたまにチェックしています)

 

以上がわたしの”アイドル論”の導入編です。
わたしの中で、アイドル=ハロー!プロジェクトとなっています。
次回はそんなハロプロの魅力についてお話ししたいと思います。

誰かが読んでくれるかもしてない、と思って書いていますが、基本的には自分の心を整理するための雑記です。
ごがつの日での初めての日記がまさかのアイドル論。しかもつづくとか言ってる。
怒られそうですが愛が溢れてしまって、何かにしたためたかった。
なんでかって、あやちょの卒業公演ライブビューイングに行ってきたんです。
本当にいろんなことを思ったライブでした。
これを機に、アイドルについて常々考えてることを書きたくなったのでした。
もちろん、アイドル以外の他のこともほちほちと書いていくつもりです。

 

関連記事

    関連記事はありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です